きのこキトサンで「レバーでぶ」を解消!

2010年11月27日放送の
『冬にスッキリ 名医もオススメ「美食でリセット!からだ再生グルメツアー」』で、
肝臓の機能をリセットすることの大切さが紹介されていました。

肝臓をいたわらないと、ダイエットをしても痩せない
レバーでぶになりかねないとのことでした!

そうなってしまったら大変ですね!
その辺について詳しく解説します。

肝臓の働き

そもそも肝臓って、何をやっているところかご存知でしょうか?
肝臓は、身体にたまった疲労物質を分解しているところなんです。

私達はよく、リンパマッサージで老廃物や毒素を流してデトックスしますが、
この、老廃物や毒素が最終的に行きつくところが肝臓です。

なので、肝臓の機能が低下すると、老廃物の分解が出来なくなってしまいます。
身体の中に毒素が貯まってしまうということですね^^;

たんぱく質をとらないダイエットは肝機能低下のもと

肝臓はエネルギーの貯蔵庫でもあり、常に中性脂肪を蓄えています。
そんな中性脂肪を全身に運んでエネルギーに変えてくれるのがたんぱく質なんです。

しかしダイエットをすることを決意すると、
まず最初に思いつくのが、肉、魚介類を食べないということですよね。

肉、魚類にはたんぱく質が豊富に含まれているですが、
野菜ばかり食べて、たんぱく質をあまりにもとらないダイエットを行なうと、
肝臓にたんぱく質がなくなってしまいますので、結果的に中性脂肪がたまりすぎてしまう事になります。

肝臓に脂肪が増えすぎると、肝臓に負担がかかって機能が低下します。
その結果、レバーでぶになってしまいます。
レバーでぶの状態では、疲労物質が分解できなくなりますので、
休んでも疲れが取れなかったりするようになってきます。

なので、肉類の食べ過ぎには注意する必要がありますが、
全く食べないのも良くはありません。
食べすぎないためにもどうしても食べたくない方は、
大豆類をとるようにすると良いでしょう。

大豆類もたんぱく質を豊富に含んでいるので、ベジタリアンの方にもオススメです^^

レバーでぶを解消するには?

残念ながら、休んでも疲れがとれないという、レバーでぶの症状が現れている方もいるかもしれません^^;
そんな方にお勧めなのが、キノコ類です。
キノコ類はレバーでぶを解消してくれるんですね^^v

高崎健康福祉大学 の 江口文陽教授 によると、
キノコを食べることで、肝臓の中にたまっている脂肪を燃焼してくれて、
体外に排出してくれる
そうです。

その働きをしているのが、キノコに含まれている成分、キノコキトサン
ぜひ意識してキノコ類を食べるようにしましょう。

ダイエット用に作られたキノコキトサンサプリもあります。
きのこキトサンダイエットSSSきのこキトサンダイエット

また、タコに豊富に含まれているタウリンも肝臓の働きを助けてくれますよ^^
ただし、タコは身体を冷やす作用があるので、ショウガなどと合わせて食べると良いですね♪

キノコキトサン

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ